レーザー脱毛機器:ライトシェアデュエットの特徴

『ライトシェアデュエット(Lightsheer DUET)』は、数あるレーザー脱毛器でも特に肌への負担が小さくて痛みも感じにくいのが特徴です。

 

一般に、脱毛サロンの光脱毛器よりも脱毛効果が高い反面、肌への刺激が強くて施術時の痛みが生じやすいとされるレーザー脱毛器の多くはアレキサンドライトレーザーを使用していますが、ライトシェアデュエットは、肌への刺激が小さくて産毛の処理にも有効なダイオードレーザーを使用しています。

 

また、ライトシェアデュエットは独自の吸引システムを導入しており、ダイオードレーザーをそのまま皮膚に照射するのではなく、ヘッドに付いた吸引装置の強力な吸引力によって皮膚を吸い上げてからダイオードレーザーを照射するので、皮膚と一緒に普段は毛穴の中に隠れている毛根を引っ張りあげて確実に毛根にダメージを与えることができます。

 

このシステムならばレーザーの照射時間は短時間でよく、安全性の高い施術を行えるので、皮膚へのダメージを最小限にしながらもスピーディにムダ毛処理ができるというわけです。

 

このように、ライトシェアデュエットは肌への刺激が小さくて痛みがほとんどないレーザー脱毛ができるのが特徴ですが、皮膚の敏感さは個人差が大きいので、インターネットの口コミ情報などでは「ライトシェアデュエットでレーザー脱毛を受けたけれど痛かった」という声もいくつか見られます。

 

とはいえ、他のレーザー脱毛器に比べれば格段に肌への刺激が小さくて痛みも感じにくいので、できるだけ痛みを感じずに永久脱毛をしたいという方にぜひお勧めです。