レーザー脱毛機器:ジェントルレーズの特徴

今日においてはレーザー脱毛として認知度が高く、効果も国内で使用されている機器の中でも1位と2位を争うほどのジェントルレーズは、本来皮膚の治療を目的として使用されてきました。

 

皮膚に存在しているメラニン色素に反応することで、熱エネルギーにより破壊するという仕組みです。

 

こうした仕組みを利用してレーザー脱毛としてジェントルレーズが重宝されるようになったのです。

 

レーザー脱毛としてはメラニンの毛根と毛乳頭に吸収されることで熱のエネルギーにより毛根と毛乳頭が破壊されます。

 

ジェントルレーズが照射できる面積というのは18ミリで他のレーザーに比較すると、より広い範囲に効率的に照射することが可能です。

 

速度も速いのが特徴で2秒間に3発も光を当てることができます。

 

従来の機器では1秒間に1発なので、いかに効率的かということがわかります。

 

さらに、機器のヘッド部分が軽いため十分に光が当たらず毛根や毛乳頭にまで届かないという事態も避けられます。

 

機器が高い効果のあるジェントルレーズでも使用するのは人間なのでヘッドが重たいと施術者に対する負担が大きくなり十分にレーザーが当てられないということが珍しくないのです。

 

そして、レーザーを出す直前は冷却ガスが出るため瞬間的に皮膚の表面を-21度にまで冷やします。

 

そのため痛みが無い上に火傷を負うということもありません。

 

さらに、ジェントルレーズによるレーザー脱毛は毛穴を引き締めることができるので同時に美肌になることもできるのです。